読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HITOMIのブログ

自分の理想の人生へとシフトしていく…その過程で気付いたアレコレについて、のブログ

次元上昇するには…まずは、自分が天使か戦士なのかを知るコト!

 

コレを読んでくれてるヒトには

きっと、もうお馴染みになってるハズ?の

ナリ心理学 では・・・

 

ナリ心理学のコトが気になったら

ナリくんの面白タメになるブログへ

k-nali.hatenablog.com

  

  

  

次元上昇

パラダイムシフト

=「好きなコト」しか、しなくなる

=下心なく好きなコトしてたら、引っ張り上げてもらえる

=タテの社会→ヨコの社会

  詳しくは、コチラとCMw

  ↓

mesina-1103.hatenablog.com

 

 

 

次元上昇の仕方は

天使戦士かによって違います。

( ̄(工) ̄)ノ

 

その天使になるか戦士になるかは、親の対応

子どもの頃、親にどのように育てられたか

Being=存在そのモノをホメられて育つと天使

Doing=言動や行動、結果などや

Having=才能や見た目など持ってるモノを

ホメられると戦士になるんです。

ψ(`∇´)ψ

 

天使的特徴

=何をしても、何をしなくても親の対応が

変わらなかったので、好きなコトしかしない

=いわゆる「仕事」というモノは、できない

=社会にマッチしない

=「アレもコレも出来ない…orz」と悩むが

努力は、しない

=他人を観ていないので、ジャッジしない

=幸福度が、高い

=自分とはマッチする

 

戦士的特徴

=何をしたのか・何をしてこなかったのか、持ってるモノや

身に付けているモノによってジャッジされ、レベル分けされ

対応を変えられてきたので、自分に必要なコトからしていく

=能力が高く「仕事」はデキるので、出世して管理側になる

=社会とはマッチするので、成功したり羨ましがられたりする

=上のレベルに行けばホメられるが、レベルが堕ちたら自分は

ダメになるとジャッジしていて、ずっと努力をして頑張り続ける

=無価値感があり自分が不安だから、ヒトを常に気にして観ていて

見える3%ジャッジをして自分の不安材料を増やしている

=幸福度は、低い

=自分とはマッチしない

 

※明るいか暗いか・ポジティブかネガティブか、では

天使か戦士かは、分からないので、ご注意を★

 

また、同じ天使タイプのヒトが一緒の場合は

天使度が高いヒトの方が天使性が強調され

天使度が低いヒトが戦士タイプっぽく!…と

相手との相対的なバランスによっても変化します。

ex.)天使90%+戦士10%⇔天使60%+戦士40%⇒戦士タイプに

 

なので、自分が天使か戦士かや、自分の天使度と戦士度は

自分の周りに天使タイプと戦士タイプのどちらが多いか

自分のパートナーは、天使タイプか戦士タイプかで、分かるんです。

・パートナーや周りにいるヒトに多いのが天使タイプの場合は

戦士度の方が天使度よりも高くて、戦士タイプ

・逆の場合や、どちらのタイプのヒトが多いか分からない場合は

天使度の方が戦士度よりも高くて、天使タイプ

 

 

 

アナタが天使なのか、戦士なのか、そして、それぞれの割合

何%くらいは天使で、何%くらいが戦士なのかは、コレで

お分かりいただけたでしょうか?( ´▽`人)

 

「試してガッテン」風味w

 

 

 

まだ分からないコトがあるヒトや

ココとかFacebookとかのコメント欄などに

書いて私以外にも誰か他のヒトに見られるのが

苦手っていうヒトや、そういうの苦手じゃないケド

私と個人的にやりとりしたいってヒトは

遠慮なく私のLINE@に、いらしてください

(=´∀`)人(´∀`=)


登録無料・ワンクリックで解除もデキますw

LINE@http://line.me/ti/p/%40vgd3989c

LINE@(検索用)→@vgd3989c(@も忘れずに)

QRコード

   ↓

f:id:mesina-1103:20160826061954p:image

   ↑

    PCで見たら、意外にデカかった件w

  

 

 

そんな、こんなコトを書いてたら

長くなったので、天使と戦士の

タイプ別次元上昇については

次回に続いちゃいます♪_φ( ̄ー ̄ )

 

・・・という予定ですが

私のLINE@に登録してくれたら

先に、次元上昇についてや、それらの

私の個人的な見解とか・・・etc.

ネタバレ的な情報も出しちゃうカモ?

*・゜゚・*:.。..。.:*・'( ̄+ー ̄)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    

    

    

HITOMI