読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HITOMIのブログ

自分の理想の人生へとシフトしていく…その過程で気付いたアレコレについて、のブログ

恐怖とは…?

 
 
 
ナリ心理学の動画を見せて戴きました♡

(ナリ心理学について詳しく
 知りたくなっちゃったヒトは
 ナリくんブログへどーぞ

その動画には…
「恐怖とは、観念(意識できないくらい信じていて疑うコトのないモノ=自分=人生=世界=無意識)によって現実に起こり得るコト」
「大きく分けて物理的なモノと心理的なモノの2つあり、現実に起こるマイナスのことで突き詰めると死に至るコト」
と、ありました

ナリさんの経験を例に分かりやすく説明されていました
 
 
 
私の場合は…
出来れば誰にも迷惑なんて、かけたくなくてガンバってるのに、何故か自分のせいで他人に迷惑をかける
その気ナイし、むしろ嫌いなのに、どんなに抵抗しても無理矢理、力ずくで犯される
親の仕事の都合で引っ越しが多いからか、周りと少し違うだけで勝手にラベリングされて、イジメられる
交通事故に巻き込まれ、障害者となるが、見た目には分からず健康そうだが、出来ないコトも多く、他人に怠ける無価値人間だと思われる
他のヒトたちも私と同じなのに、何故か私だけ怒られ、その理不尽さを伝えると、何故か更に怒られる
何とも思ってないヒトからストーカーされ、そのストーカーが好きな女の子たちの嫉妬からイジメられる
入院後も仕事をするコトにドクターストップがかかった時のように、働いて稼げなくなり、親に無心したりと親不孝しないといけなくなる
他人から自分のコトを勝手に判断され、私には全く悪意はないのに、誤解されて最低最悪な人間だとみなされる
イイ状況にいる私に近付き、利用するだけ利用した後、私の状況が悪くなったり、私に利用価値がなくなったら、他人に見捨てられて孤独になる
私が他人の思い通りに動く都合のイイ女の時には優しくしてもらえるが、私が他人の思い通りにしておかなければ、その相手から暴力を振るわれ、強い痛みを与えられるだけではなく、跡が残るような傷も付けられたりする
などといったコトが、私にとっては死に至りそうだと思ってる恐怖かな?

自分の恐怖って、本当に意識を向けるだけでも怖くなってしまい、見ないように目を背けてきてた

過去と同じコトが、今や未来に起こるかどうか分からないし
私自身も昔よりは、少しずつ出来るコトも増えてるし
この日本社会にも、プライバシー保護法やストーカー規制法
DVから守られる仕組みなども、もう出来てたりもするし
環境や人間関係とか、時代すらも変わってしまっていて
もう今は大丈夫になってて、恐怖を感じなくても構わないハズなのに
私は、何故か執着しまくって、ずっと恐怖を握り締め
私だけが被害者で可哀想だと思い込んでる悲劇のヒロイン役を演じてた
っていう、コントなだけカモ?

それなのに、子どものままで蹲って泣いてるのに、私が途中で置き去りにしていた私自身を見つけました

「ずっと、迎えに来れなくてゴメンね」
「もう泣かなくても大丈夫だから、安心してイイよ」
ネバーランドにいた私自身を抱き締めたら、恐怖は光になって成仏し、私のハートに吸い込まれていって、私と同化してくれたように感じました

きっと正解は、怖い方

でも、実際に恐怖と向き合ってみたら
頭の中だけで考えてるだけだった時より
ずっと怖くなくて、世界は優しかったです

もしかしたら、というか多分きっと?
まだまだ私が気付けてない恐怖は残ってるカモだし
これから作られていく恐怖もあるカモだけど
逃げずに向き合い克服して、大きくて眩しく澄んでる光になっていきたいです
 
 
 
なんて、長くなってしまったようで
それでも何となく書ききれてないコトも
あるような気がしないでもなくて
何だか怖いような恥ずかしいような…

でも、勇気を出して諦めて開き直り
とりあえず、記しておいてみちゃいます